About

  • 高橋 梢
    代表 高橋 梢Kozue Takahashi
    工学博士
    技術士 建設部門(都市および地方計画)
    一級建築士
    茨城大学非常勤講師
    経歴
    1977 福島県喜多方市生まれ
    2000 茨城大学農学部 緑地環境研究室 卒業
    2002 京都造形芸術大学大学院 芸術研究科 芸術表現専攻 博士前期課程 修了
    2002 - 2004 (株)地域計画建築研究所(アルパック)大阪事務所 勤務
    都市計画・調査・まちづくり、地域施設・ランドスケープ等の計画・設計を担当
    2004.12 (株)総合建設コンサルタント(大阪) 勤務
    ・地区再生計画、駅前整備、国体施設・造園等の計画・実施設計を担当
    2008.4 - 2011.3 福井工業大学大学院 工学研究科 博士後期課程 修了(工学博士)
    博士論文:「住民を主体とした地域再生の内発化プロセスに関する研究」
    ~敦賀市舟溜まり地区景観まちづくり~
    2011.4 コンサルタント会社(富山) 勤務
    観光まちづくり等都市計画業務のほか、助成事業を実施。北陸地区女性技術士の会。
    ・日本財団 東北大震災支援活動助成「大屋敷空き家への避難者受け入れプロジェクト」
    ・富山県元気な雪国づくり事業「雪国が育んだ文化を生かした着地型・温故知新ツアーの展開」
    2013.6 喜多方に戻り、「設計まちづくりテント」開設
    「まち再生企画プロデュース」:福島全体の復興に向けた、会津の再生を図る活動の実施。
    2017 合同会社 設計まちづくりテント 共同設立 (福島県喜多方市と東京を拠点)
    受賞・研究助成等
    2009 日本都市計画学会関西支部 研究論文奨励賞 「地域が一体となった内発的まちづくりに関する考察」
    2010 第49回竹中育英会建築研究助成 入選
    「木造空き家の再生による居住環境・文化の持続可能性に係る一考察~景観条例と学官地域連携~」
    2011 日本建築学会北陸支部 奨励研究助成 入選
    「散居村における大屋敷の現状と大屋敷再生に向けた基礎的研究」
    2013 とうほくIPPOプロジェクト「まち再生企画プロデュース」 
    2015 国土交通省「まちなみと蔵庭を活かした、駅~まちなかをつなぐプロジェクト」
    2016 「木材を使った家具のデザインコンペ」入選 作品名:「飛び込み台」(樂篆工房・市根井立志共同)
    2017 「津島市天王通り再生プラン提案募集」(愛知県津島市)
    最優秀賞 作品名:「天王の橋渡し~神に至るみち~」
    国・地方・民間との共同研究

    「パークシティ鯖江構想に関する共同研究」
    「美しい農村の再生と農業資源の保全・活用に関する共同研究」
    「越前町水仙ランド再生整備構想策定委員会」
    「福井と宇宙を繋ぐ地域創生研究会」

  • 荒俣 真琴
    荒俣 真琴Makoto Aramata
    一級建築士
    経歴
    1978 高知県生まれ
    2002 京都造形芸術大学大学院 芸術研究科 芸術表現専攻 博士前期課程 修了
    学部・大学院を通して建築と造園を学ぶ
    2002 - 2008 一級建築士事務所(株)アトリエ・天工人 勤務
    住宅・公共建築・店舗・ホテル改修等の設計・監理を担当する
    2008 二級建築士事務所 アラマタマコト設計室 設立
    2011 一級建築士事務所 アラマタマコト設計室 設立
    2014 建築家松井郁夫氏による一般社団法人ワークショップ「き」組 デザインゼミナール 修了
    伝統木造建築の架構と限界耐力設計法による構造評価手法を学ぶ
    2015 (株)松井郁夫建築設計事務所 設計パートナーとして伝統木造の新築・古民家再生PJに従事
    2016 一般社団法人ワークショップ「き」組 古民家再生ゼミ 修了
    古民家の実測調査と温熱環境・構造を含めた再生手法を学ぶ
    2017 合同会社 アラマタマコト設計室 設立
    合同会社 設計まちづくりテント 共同設立(福島県喜多方市と東京を拠点)